聴診器と歯の模型

歯の矯正中の歯痛はボルタレンを服用しよう

歯列矯正中に痛みを感じる人は多く、痛みがひどい場合食事を取ることができないこともあります。
かといって歯に直接痛み止めを塗るわけにも行かず、どうすれば良いか悩む人も多いようです。

しかし、そんな歯痛には飲むタイプの痛み止めが効果的です。
痛み止めは薬局などでさまざまなものが販売されていますが、中でも強く効果を発揮してくれるのがボルタレンです。

ボルタレンは歯痛だけでなく、体のあらゆる痛みに効果的な痛み止めで、ロキソニンと同じく高い鎮痛作用を発揮します。
ロキソニンとの違いがわからないという人も中にはいますが、鎮痛作用が高いのはボルタレンだと言われています。
その代わりにロキソニンはボルタレンよりも早く効果が現れるとされており、とにかく早く痛みを解消したい人に向いています。

では、なぜボルタレンが歯痛に効果があるのかというと、人が痛みを感じる原因としてプロスタグランジンという物質が挙げられます。
ボルタレンはジクロフェナクという成分を主成分としているのですが、この成分には強い消炎鎮痛作用があり、プロスタグランジンの生成を阻害してくれるため、痛みや炎症を抑制することができると言われています。

そして服用の間隔や量は個人によって違い、医師の指導に従って飲む必要があります。
ボルタレンを服用する人の中にはインターネットで購入する人もいますが、実はボルタレンには副作用があります。
そのため必ず医師に処方してもらうことが大切です。

副作用は、症状が現れない人もいますが、胃の不快感やむくみ、発疹などが報告されています。
特にボルタレンは飲むことによって胃が荒れやすいと言われているため、決められた量以上のものを飲みすぎたり、長い期間続けて服用することは推奨されていません。
そのため、歯痛が辛くて服用する場合でも、必要以上に飲み過ぎないようにすることが必要です。

さらに、歯列矯正を行う中でもっとも痛みを伴うかもしれないことが抜歯です。
抜歯が不安で歯列矯正に躊躇する人も中にはいるかもしれませんが、抜歯の痛みにもボルタレンは効果的です。
治療を受ける歯科医院によりますが、ボルタレンは痛み止めとして処方してくれるところも多いため、痛み止めを処方される際はその種類が何なのか確認しましょう。
ボルタレンを処方してもらうことは可能なのか確認してみることも良いかもしれません。
そして万が一副作用が現れたら速やかに医師に相談することが大切です。