聴診器と歯の模型

歯が全て無いなら総入れ歯よりもオールオン4

加齢や歯周病・虫歯などによって、自分の歯を全て失ってしまった場合、総入れ歯にするよりも「オールオン4」という最新の歯科治療にした方が得られるメリットは多いです。
オールオン4という治療法、聞きなれないという方も多いのではないでしょうか。
この治療は4本の人工歯根で12本もの義歯を固定できるのが特徴です。
顎の骨に金属製の人工歯根を埋め込み、その上に義歯を装着する施術を行います。
従来の治療法は人工歯根1本に対して、義歯1本しか固定する事が出来ません。

総入れ歯の方が全ての歯を人工歯根に変えるとなると、何か所も人工歯根を埋め込む必要があります。
人工歯根の埋め込みは外科的な手術が必要となるため、患者さんには大きな負担です。
また、本数が増えれば増えるほど治療にかかる費用もアップします。
オールオン4は海外の医師が開発した新しい治療法で、前歯部分に4本の人工歯根を傾斜させて埋入させた上に、義歯を装着する治療法です。
上顎4本・下顎4本の人工歯根で、上下合わせて24本の義歯が固定出来ます。
人工歯根を埋入させる数を最小限に抑え、しかも総入れ歯の方でも人工歯根に出来るという点がこの治療のメリットです。

総入れ歯の場合、どうしても見た目の違和感や不自然さがありますが、オールオン4で固定する義歯はセラミックなど健康な歯と変わりない見た目の素材を使用します。
ですので、いかにも入れ歯という見た目にはならず、全ての歯を失ってしまったとしても、若々しく自然な口元をキープする事が可能です。

総入れ歯の場合、歯茎の上に入れ歯をはめるような形となるので、食事や会話によって入れ歯がずれてしまい、噛み心地が悪いと感じる方も少なくありません。
入れ歯に変えた事によって、固い食べ物が食べ難くなったというケースは多いでしょう。
オールオン4は歯茎の上に義歯をはめるのではなく、顎の骨自体に埋めた人工歯根に固定します。
しっかりと固定されるため、自分の歯と同じような噛み心地です。
総入れ歯になる以前の食生活にしても、美味しく食べられるという点もオールオン4のメリットです。

ぐらつく総入れ歯とは違い安定感があるので、発音もしやすくなります。
総入れ歯だと喋り難くなり声がこもってしまうという悩みも、オールオン4によって解消出来ます。
審美性だけでなく機能性も充実しているオールオン4、総入れ歯の見た目の悪さや使い勝手に不満を感じている方は検討してみてはいかがでしょう。