聴診器と歯の模型

審美歯科の歯医者は虫歯を治すだけじゃない

歯医者は虫歯を削って銀歯を入れるところだと多くの人が思っています。
しかし、歯医者の中にも様々な診療科目があり、それぞれ異なる治療をしています。
矯正歯科や小児歯科は一般的にその名を知られているでしょう。

審美歯科は、歯医者の中でもただ治療するだけでなく、見た目にこだわった治療を行います。
例えば、虫歯の場合、削ったところに銀歯を入れるというのは、噛む機能は治すことができても、見た目をきれいにすることはできません。
そこで、審美歯科では銀歯を使うことは一切ありません。
白い素材を使うことで、見た目の綺麗な治療を行います。

白い材料といっても、様々な種類があります。
プラスチックは安価ですが、使っているうちに変色して黄ばんだり、強度が弱いので噛んでいるうちに欠けてしまうことがあります。
審美歯科では長期的に使える治療をするので、セラミックの材料を使用します。
セラミックは透明感のある白さが特徴の素材で、強度も強く、変色することもありません。
ただ、歯ぎしりの習慣のある患者さんに使うと割れてしまうことがあるので、そのような場合はセラミックにプラスチックを混ぜたハイブリッドセラミックという素材を使います。

このように、審美歯科では、美容を目的とした治療も扱っています。
お口の中で目立つ銀歯を外してセラミックにすることで、きれいな口元にすることもできると女性に人気を集めています。
審美歯科に美容目的で訪れる女性は少なくありません。
歯を白くするホワイトニングや、専門の機械を使ったクリーニングを行うと、毎日の歯ブラシでは落とすことのできない汚れまできれいにすることができます。

一般歯科から予防歯科、審美歯科までありとあらゆる歯科治療に精通した歯医者を探すなら茅場町の歯科に行きましょう。
茅場町なら都内のどこからでも通院できるでしょう。
とりあえず相談だけでも歯医者に行くなら様々な歯科治療の分野からの意見を聞くことができるほうが良いでしょう。

このようなホワイトニングやクリーニング技術を扱い、薬剤を使用することは、歯医者でしか扱うことができません。
歯の色が黄ばんでいたりする、お口の中のコンプレックスがある場合は、審美歯科に相談してみましょう。
最近は、歯のホワイトニングだけでなく、黒ずんだ歯茎をピンク色にする、歯茎のホワイトニングも扱っています。
タバコなどを吸っていると、だんだんと黒くなり、不健康な歯茎に見えてしまいますが、歯茎をホワイトニングすることで健康的なピンク色の歯茎に戻すことができます。

日本人はキスをする習慣がないため、口元への意識が低いと言われてきました。
しかし、最近では口元をきれいにすることで、見た目を美しくするだけでなく健康的な印象を与えることができるようになりました。
若々しい印象も与えられるので、アンチエイジング目的で審美歯科を受診する女性もいます。