聴診器と歯の模型

噛み合わせが悪いと歯周病になりやすくなる

歯周病は歯周病菌に感染することで発症する疾患です。
初期症状が出にくいのが特徴なのですが、症状が進行すると歯肉炎から出血を起こしたり、歯を支えている骨、歯槽骨が溶けてしまい歯が抜けてしまうこともある、とても恐ろしい病気です。

歯周病の原因ですが、これはいくつもあります。
代表的なものとしては歯磨きが正しくできていないと言うことが挙げられます。
原因菌である細菌は、プラーク内に存在しており増殖していきます。
プラークは歯垢のことで、これは食べカスなどをエサにしてどんどんと増殖していきます。
そしてこれが唾液のミネラル分と結合すると歯石となり、こうなると非常に硬質になってしまうので歯磨きで除去するのは難しくなってしまいます。
しかし歯石はプラークの塊と言えるわけですから、こうならない内から丁寧に歯磨きをすることが求められます。

そして噛み合わせの悪さも、歯周病の原因のひとつです。
噛み合わせが悪いからと言って必ずしも歯周病になると言うことではなく、これは噛み合わせが悪いとなりやすい傾向にあると考えると良いです。
どうして噛み合わせが悪いとこのような傾向にあるのかと言うと、ひとつは噛み合わせが悪いと特定の歯や歯茎にのみ、大きな力がかかりやすいためです。
すると当然、その歯や歯茎に対してのダメージは大きくなるため、歯肉炎などの歯周病のダメージも出やすいと考えられます。
特定の歯、特定の位置で物を噛む習慣があると言う場合は、特に注意が必要です。

それから噛むと言うことには、唾液の分泌を促進させる作用があります。
そして唾液の分泌は口腔内の乾燥を防ぎ、ひいては歯周病の原因細菌の増殖を抑制することに対して作用を持っています。
つまり噛み合わせが悪いと正しく噛むことが難しく、そこから唾液の分泌量も少なくなってしまいます。
そうすると原因菌の増殖が発生しやすいと言うのも、噛み合わせによる歯周病のリスクが高くなる原因のひとつです。

更に一概に言うことはできませんが、噛み合わせが悪い場合には歯並びに問題があることも多いです。
歯並びが悪いと、どんなに歯磨きを丁寧に行っているつもりでも磨き残しは発生しやすくなってしまいます。
磨き残した部分にはプラークが繁殖するために必要な食べカスなどが残ったままですから、そこから歯周病が発生しやすくなると言うのも歯周病との関係です。
特に歯が重なっていたり、斜めになっていたりすると歯肉と歯の境い目を磨き上げることが難しくなってしまうため、そこから歯肉炎が発生して歯周病につながると言うことは多くなりやすいです。

ですから歯周病予防、改善を考えるのであれば、歯並びや噛み合わせに対しての対策も求められます。
こうした対策は自力ではなかなか難しいので、必要に応じて歯科医の力を借りるのが望ましいです。