聴診器と歯の模型

マウスピースでできる歯列矯正をご存知?

マウスピース歯並びが気になる場合には、矯正歯科に行って歯列矯正をすると良いです。
以前はワイヤーを通して歯列矯正するものが主流だったのですが、ワイヤーの色が目立って治療に二の足を踏む人もいました。
現在ではマウスピースを使って歯列矯正をする方法が生まれており、審美性も高いので、見た目が気になる人に向いている方法です。

透明の樹脂を使うので見た目も綺麗に保つことができて、ワイヤーを使わないので違和感や邪魔にも感じないで済みます。
マウスピースを使うメリットは見た目だけの問題だけではなく、虫歯になりにくいという特徴があります。
その理由は食べ物のカスが溜まりにくくなっているためで、洗浄もしやすいので清潔な状態を保てます。
食事をするときにも取り外しができて、食べ物を食べるときにも違和感を感じずに済むので食事も楽しめます。
歯磨きをするのにもワイヤーが邪魔にならずに楽にできて、マウスピースの洗浄も簡単なので、ワイヤーを使ったものよりも虫歯や歯周病のリスクを減らせます。
虫歯になった場合にも治療をすることも可能です。

マウスピースを使った歯列矯正には二つの種類があるので、自分に合ったものを選びましょう。
インビザラインは1997年に生まれた方法で、歯の情報をコンピューターに取り込んで、歯の動き方をシミュレーションをした後に、透明のプラスチックのマウスピースを使って少しずつ歯を動かします。
二週間に一度のペースでマウスピースを交換をする必要があるので、定期的に矯正歯科に通院します。
インビザラインは歯を覆うようになっていて、歯茎には当たらないようになっているので違和感は少ないです。

クリアアライナーはインビザラインよりも薄く作られているので、見た目はさらに目立ちにくくなっており、周りの人からも治療をしていることを知られません。
二つの種類があるクリアアライナーは、痛みが苦手という人は軟性を選ぶと痛みが発生しにくいです。
歯だけでなく、歯茎全体まで覆うような形になっているので、口の中が敏感に感じるという人には違和感が大きくなります。
クリアアライナーは毎回歯型を取る必要があるので、歯型を取るのに不快感が出るという人はインビザラインにしましょう。

インビザラインの費用は100万円程度、クリアアライナーは80万円程度となっています。
歯の矯正には長期間の治療が必要なので、複数の矯正歯科に行って、どちらの治療方法が良いかを確認しておきましょう。