聴診器と歯の模型

インプラントは歯を失ったときの噛み合わせを改善する治療方法で、歯を失った部分のあごの骨に人工の歯根を埋め込んで固定させて、それを土台として人工の歯を取り付ける治療です。
人工の歯根があごの骨に埋め込まれていることから噛み心地に違和感がなく自然に噛むことができるメリットがあります。

治療の流れとしては、まずインプラント治療が可能であるか精密検査を行います。
その後治療可能と判断されるとまずは人工の歯根を埋め込むための外科手術を行います。
埋め込む人工の歯根をフィクスチャーと言います。
フィクスチャーを埋め込んだ後はあごの骨と結合するまでの間、そのままの状態で経過観察となります。
なお、フィクスチャーを埋め込んだ後にはスクリューを装着します。
スクリューはあごの骨とフィクスチャーが結合するまでの間に、フィクスチャー内部にあごの骨が入り込むことを防ぐための蓋のことです。

その後、フィクスチャーがあごの骨と結合できたことを確認できるとスクリューを取り外して人工の歯を取り付ける治療を行います。
フィクスチャーと人工の骨を取り付けるためにアバットメントを取り付けます。
アバットメントはフィクスチャーと人工の歯を連結するために必要な部品です。
アバットメントを取り付けた後に人工の歯を連結します。
これで取り付けまでの治療が終わりとなります。

あなたはどこでインプラント治療を受けますか?

最新設備や最新技術が整っている東京の歯科医院で治療することをオススメします。
インプラント治療を東京でする

インプラントは定期的なメンテナンスが必要

歯の治療をしている様子インプラント治療において取り付けた人工の歯は自然な噛み心地を実現するためのものですが、それを継続していくためには治療を終えてからの定期的なメンテナンスが重要です。
実際に噛んでみて違和感があれば調整が必要ですし、使用していくうちに違和感を覚えることもあります。
このような場合には調整をする必要があり、治療を受けた医療機関に行き、相談することが大事です。

違和感がなくても定期的な受診が必要で、その理由は歯周病予防です。
インプラント治療を終えてからは普段の歯磨きにおいても丁寧なブラッシングをして歯周病予防に努める必要がありますが、どうしても歯磨きだけでは取り除けない食べかすなどが付着しています。
それらが歯周病の原因となりますが、インプラントにおいて歯周病を発症すると、取り付けたアバットメントやフィクスチャーが外れてしまうリスクがあります。
インプラント治療を終えてからも自然な噛み心地を長く継続していくためには毎日の丁寧な手入れと定期的なメンテナンスの受診が欠かせない要素と言えます。

インプラントの費用は高額!

インプラントの医療費義歯のように取り付けて食事をするときに違和感を感じることなく、自然な噛み心地を手に入れることができるインプラント治療の費用は高額です。
それは自由診療であるからです。
義歯であれば保険適用であるので高額になることは基本的にありませんが、インプラント治療は保険適用外であることから治療費は全額自己負担となります。

治療費の内訳は治療を行う前の各種検査に必要な費用、フィクスチャーを埋め込むための外科手術の費用などに加えて取り付ける人工の歯の材料費なども含まれます。
治療費については保険適用外となることや、総額でどのくらいの金額になるかについては実際の治療が行われる前に医師から提示されます。
取り付ける人工の歯の素材についても選ぶことができる場合、その素材によって金額が変わります。

治療を進めていく中で、追加の治療が必要となることもあります。
その場合は事前の金額よりも高くなります。
最近ではあらかじめパック料金が設定されている医療機関もあります。
事前の検査料や技術料などがすべてセットになった金額となっていて、追加の検査などが行われたとしても追加料金が不要というものです。
そのため費用面については安心することができます。

保険適用外の自由診療であるということは、医療機関によって料金は異なります
そのため料金について比較してみることもポイントです。
また、支払方法についても特徴があります。
一括で支払う必要がある医療機関もあれば、分割払いでも可能という医療機関もあります。
分割払いの支払期間も医療機関によって異なります。
またクレジットカードを使用できることもあります。

そして治療期間が長くなるので通院回数も多くなります。
例えば電車やバスなどの公共交通機関を利用して通院する場合には治療費に加えて交通費も必要です。
つまり、治療費以外にもさまざまなお金がかかることを認識しておくことです。

保険適用外でも治療費を軽減する方法

ただ、インプラント治療で支払った医療費については申告することで税金の一部が還付されます。
これは保険適用の治療であってもそうでなくても適用される制度で、高額な治療費を支払うインプラント治療においては活用するべき制度です。
申告の際には治療費の領収書が必要となるので治療を終えてからも大事に保管しておくことです。
また、治療費だけでなく、医療機関まで公共交通機関を利用した場合、その料金も対象です。
ただ、自家用車を使用する場合、ガソリン代などは対象外であるので注意が必要です。